上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
へぇ~、こんなもの(といっては失礼ですが…)あるのですね。(電波時計の電波が受信できない時の為のスマホアプリ)
私が使用したのはGoogle Playからダウンロード・インストールしたJJYEmulatorでした。

JJYEmulator201601.png
<使い方>
1.イヤフォンを差しコードを電波時計に巻きつけるか、
  スマホ本体のスピーカーを直接電波時計に近づける
2.JJYEmulatorの起動
3.電波時計を強制受信にして電波を受信
4.2~3分待つ
5.受信確認(秒単位での確認等)


電波時計って最近では本当に手頃になってきたものです。電波時計は他に置き時計は持っていましたが、やはりその正確さは比類なきものです。

私は最近電波時計の腕時計を購入しましたが、初めての電波腕時計だったので結構楽しみというか期待もありました。…でも、何だか???です。電波受信の失敗続きです強制受信させてもERRORとなってしまい受信できませんでした。

ところで持っている電波置き時計も受信できる時もあれば出来ない時も有りの微妙な環境です。また電話会社によっては携帯電話やスマホでも受信レベルが低いのです。そう、私の今の住居は、そもそもかなり電波状況が悪いのです。まわりの建物の影響もありますし、鉄筋な建物で更にサッシガラスも網目のワイヤーが入っているので電波受信環境としては最悪な状態なのです。例えばラジオでもAM/FM共にかなり受信レベルが低く普通に聞けるのはAMでNHKとFMが地元局だけといった具合です。

持っている電波置き時計の方は工夫して使っているのですが、腕時計の方は更に繊細なので困りました。何故か外に出ても送電線の影響なのか?全然受信できません。とりあえずは電波の微妙な世界なので暫く様子見も有りなのかなぁ?とも思っていましたが、調べているとJJYEmulatorの存在を知りました。

以下、JJYEmulatorの説明より
---------------
電波時計にJJY標準電波が届かない場所で使用します。
ヘッドホンを取り付けコードを電波時計に巻きつけるか、端末本体のスピーカーを直接電波時計に近づけて本アプリを起動し、音量を最大にするとJJY標準電波電波を擬似的に発信します。この状態で電波時計を受信モードにすると2~3分で同期します。
機種(スピーカーの種類)によっては上手く同期しない場合もありますのでご了承ください。
※スピーカーから発信すると13kHzの音が出ます。音に敏感な方や具合が悪くなる方は使用をお控えください。またクォーツや機械式時計はスマートフォンを近づけると、磁気を帯び故障する可能性があるので使用しないでください。当アプリによる被害については一切責任を持ちません。
---------------

スピーカーからの発信音は「パチパチッ…」というような音に聞こえます。実際あれだけ苦労した受信(エミュレート)がアッサリ出来ました。最初スマホが該当周波数の電波を発信できる訳でもないのに何でかな?と思っていたのですが、(たぶん)イヤフォンコードまたはイヤフォンの磁性体またはスピーカーの磁性体の電磁波(高調波)を電波として拾わせているのでしょうか。

正確さから言えばコンマ以下単位での小さい範囲で誤差は大きく出ているのでしょうけれど、人間の見た目範囲では「ほぼ秒単位で合ってる」ようなレベルです。(^^) 私は音量を最大にしたスピーカーの上に腕時計をのせて1~2分待っているだけで、アッサリ「受信しましたよ~」となりました。

この手のアプリはアイフォンでもアンドロイドでも幾つか出ているようです。いづれもJJYシュミレーターとかJJYエミューレーターとか似たような名前になっています。どうしても電波時計が受信しないで悩んでいる人はお試しあれです。(^^)

まぁ、しかし、これはあくまでの「逃げ手段」で何おか言わんやで、本来の腕時計がうまく電波受信できる環境を探らないといけないのは変わらないのですが…(^^;)

【追記】
偶々なのでしょうけれど私の住んでいる地域は何故かやはりJJY電波を受信しにくい場所だったようです。但しこれはアンテナが極小な腕時計でのお話であって、もっとアンテナの大きい普通の電波時計ではこの限りではありませんでした。試しに家の近くの電波ロケーションの良い場所に移動して受信させてみたところ「電波がちょっと弱い」状況を示していました。また当初私の受信方法も少し誤っていたようです。受信させるときは静止状態が本来の受信方法のようです。私は移動しながら受信させようとしていて全く受信できていませんでした。(受信中に電波の電界強度が変わるのはよろしくないようです)

私の場合、とりあえず購入当初からJJY電波を受信出来なかった原因も分かり原因不明なモヤモヤも晴れて良かったのですが、私の腕時計のJJY受信の設定時間帯は深夜0時から6回リトライ方式なので、これから家で受信しやすい環境を探さなければならないようになりました。(多分家での受信はキツいかも知れませんのでJJYEmulatorと野外受信の併用になって行くのかと思われます)
2016.03.14 / Top↑
Secret(管理者にだけ表示を許可する)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。