上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
まったく、なんてこったい!な…でした。
Linuxを扱い始めてから色々な事象に出会った気がします。まぁ、それまでWindowsしか使って来ていませんでしたから、井の中の蛙?みたいなものだったので、CentOSを始めた当時は数々の新鮮な目新しさに驚き、分からない事ばかりで悩み、更に自分の中の常識を沢山にひっくり返されてきた気がします。(^^;)

まぁ大昔の元々のルーツをたどればWindowsだってLinuxだって似たような所から始まったのかも知れませんが、パーソナルPCレベルで見れば何というか今では同じようなウィンドゥを使ったOSですが、中身の発想が違うというような感じを個人的には受けていました。(まぁこれはルーツと歴史経過の差なんでしょうか)

Linuxを始めた当時は何か問題があるとずいぶん長い期間悩んでいたものですが、今は何か問題に引っ掛かっても初期の頃と比べれば時間短縮出来ている気がしますし、「そりゃ無理!」とか可能不可能な切り分けの見当も少しは付くようになってきた気がします。

でも黙々と作業を一人で何か作業を行っていると「何でそうなるねん?」的な事象は未だに時々ありますね。今回の件も同様でした。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
問題点?
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
それはEclipseでテーブルの定義を行っていた時の事です。

それは以下の様な↓テーブルを修正していた時に気付いたのです。
(サンプル例)
String KANAT[] = {"ア","イ","ウ" ~ ,"゙","゚", };

このテーブルの半角仮名文字定義の濁点や半濁点の1文字1文字をカット&ペーストして編集しようと思ってマウスカーソルでドラグしていたら…「んんっ???」なのでした。
(この記事もそのままでは説明出来ないので全角文字に変換して説明します)

驚いた事にテーブル定義文字「”””」「”°”」の「”」や「°」が表示はしているのですが、一文字でドラグ出来ないのです。ほんとこんなの未だあるのかと「え゛~」な状態で、何度やってもGNOMEテキストエディタに切り替えても゛゜濁点半濁点は一文字ではドラグ出来ませんでした。(「”」や「°」は半角仮名文字です)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
解決策
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「アレレ…まいったなぁ」と思いながら困り果ててしまいました…。

しかし、この様な時は七転び八起きの精神で頑張って粘って「手を替え品を替えで何でもやってみる」しかありません。(^^;) まぁ、それでもこんな時は系統の違うエディタを使えば何とかなるんでないかい?なんて思いまして、試行錯誤の結果、テキストにしてnanoエディタで扱ってやれば「”」や「°」文字の1文字ドラグが出来ました。

Linuxやってると時たま自分の常識が通用しない時や「何でそうなるの?」的な事がありますが今回も同様でした。このテキストはCentOS5.11の時には編集していましたから、このような現象はCentOS5ではなかったのです。きっと日本語FEPがIBusに切り替わったCentOS6系からの現象なのでしょうか? 全くなんでやねん?なのですが、IBusには前にもやられましたし、これからもサブマリン爆弾?が出て来なければいいのですが。(^^;)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
当作業の実行環境
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
◆オペレーティングシステム:CentOS release 6.6(Final)(64bit)
 Kernel Version  :2.6.32-504.1.3.el6.x86_64
 GNOMEバージョン  :2.28.2
◆gedit 2.28.4
◆GNU nano 2.0.9

--- 以上 ---

2015.01.23 / Top↑
Secret(管理者にだけ表示を許可する)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。