上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
Windowsの話題なんて…久々です。今回はサラッといきます。(^^;)
そもそも私の現在の環境はWindows7(32bit)とCentOS6.6(64bit)のデュアルブート環境なんですが、Windowsはテスト環境&データバックアップドライブとしてしか使う予定がなかったのです。しかし。そろそろ不本意ながら使わざるを得ない環境になってしまいそうです。

私は「20141205CentOS6.6_64bitのインストールと設定(+Windows7_32bitとのデュアルブート)」記載の通り、新しい環境に移行しつつありますが、CentOS5.11(32bit)からCentOS6.6(64bit)に移る際には基本的にそれまで使っていた使い慣れたツールは、そのまま移したいと思っていました。しかし…、前環境に比べると各パッケージ類もだいぶ新しくなってしまったのか、新環境でのKompoZerは中で使用している依存パッケージが存在せずアウトとなってしまいました。

そこで「KompoZerがダメならば…」とKompoZerの後継であるBlueGriffonでも?と考えてトライしてみました。しかし、BlueGriffonは、そもそもCentOSなんぞは眼中にないようです。(ToT) そこで情報をあさってみると旧Fedoraバージョンが使えそうなのが分かったので、パッケージをダウンロードしようとサイトのリンクをポチッとしたら……アレレ、有りません。かなり探し回っても該当するパッケージは抹消されていてリンク先というか欲しいパッケージが何処にもありません…泣。そこで古いtarballなどから?などとも考えてみましたが、こういう場合の経験上どう考えても、このような状況でのトライでは地獄(意味不明)を見た後に涙を呑むだけの結論に至るのは、かなり高い確率で見えています。(^^;)

そこで「前にもCentOSに拘ってかなりの時間をロスした事があったけど、同じように、こんな事で意地になって固執していても時間の無駄なんだろうな」と思い直し、さっぱりと切り替えて「先々万一何が有るかも分からないので」と不本意ながらもインストールしておいたWindows7を使うことにしました。

今回メインは最新のBlueGriffonです。Windows話題なので、もう「サラッ」としか書きませんし、世の中には同様記事が溢れていますから、あまり参考にもならないかもしれませんが…。

<参考>
BlueGriffon(wiki)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
インストール
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
以下のページで
BlueGriffon Download
BlueGriffon1401.png

「Win XP, 7, 8」用の「download installer」をクリック。
bluegriffon-1.7.2.exe をダウンロード。

そのままダウンロードフォルダにあるbluegriffon-1.7.2.exe をダブルクリックして起動。
→[実行]→変更許可画面→[許可]

言語選択→「日本語」確認→[OK]

→[次へ]→[次へ]→[次へ]→[次へ]→[インストール]→[完了]

BlueGriffonが起動される。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
確認
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
やっぱりWindowsは楽でいいなぁ…。(^^) と、早速チャカチャカとテストで使ってみます。

今まで使用してきたKompoZerの後継ですから、画面体系も似ていますしBlueGriffonも直ぐに使えました。(基本レベルだけですけど)
BlueGriffon1402.png


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
最後に
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■最近私は著作権の問題なのかCentOS6.6ではGIFが見事に扱えるツールが無くWindowsであっさり解決なんて…今回と同様な一件がありました。CentOSに固執するのもいいけれど、こだわりを捨てて持っているものならばWindowsも有効活用していかなアカンのかなぁと少し思い始めています…。色々考えさせられる背景は有り過ぎますが、やっぱりWindowsは簡単ですね。考えるところが無いので脳みそのシワがなくなりそうです。(^^;)

■久々過ぎて
Windowsでのスクリーンショットの撮り方ってどうするんでしたっけ?な状態でした。そういえば…と思い出し「Prt Scr」でしたね。(懐かしい…何年ぶりだろ?)最近あまりにLinux人間になり過ぎている気がしました。(^^;)

■Webエディタ
今回のBlueGriffonはHTML5やCSS3など最新技術にも対応しているようなので、現在の環境を維持している限り長く便利に使えそうです。また、前に使用していたKompoZerの時は古さも手伝ってかシンプルで余り考える事なく作業が進められましたが、BlueGriffonは新技術が盛り込まれており、これからじっくり新機能の使い方も勉強する必要がありそうです。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
当作業の実行環境
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
◆オペレーティングシステム:Windows7(32bit)
◆BlueGriffon 1.7.2

--- 以上 ---
2014.12.19 / Top↑
Secret(管理者にだけ表示を許可する)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。