FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
CentOSの自動更新やメンテナンス更新期限など。
他のLinuxOSはあまり常用的に使用したことがないのでよく分かりませんが、CentOSではWeb環境に接続しておけばカーネルを含めたパッケージ自動更新があります。同様記事は以前にも書いたのですが、今回はサポート期限まで確認してみました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
自動更新
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
Webに接続しておけば、CentOS使用中にインストールパッケージに更新があると自動で通知があります。

pkoushin1401.png
更新通知は基本パネルにポップアップされます。

[更新を表示する]ボタンをクリックするとスーパーユーザのパスワードを求められますのでパスワードを入力します。

pkoushin1402.png
「パッケージアップデーター」が起動されます。

pkoushin1403.png
更新を行う場合[更新を適用]ボタンをクリックすると、「ソフトウェアを更新中」と表示されます。

pkoushin1404.png
更新が終了したら[OK]ボタンをクリックします。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
手動更新
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
尚、パッケージ更新は手動でも行えます。

パネルのアプリケーション・メニューより
[システムツール]

[ソフトウェアアップデータ]

パスワード入力

更新があれば → [更新を適用]

[終了]

-------------------------------------------------------------------------------

ところで、パッケージ自動更新にはCentOSカーネル自体の更新が入ってくる場合があります。その時は更新後にリブートを要求されます。私はディスクトップ用途なので何ら問題ありませんが、サーバー用途の場合は自動更新はOFFになるのでしょう。まぁ、サーバならばXWindowには殆どログインしてないからコマンド対応でしょうか。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
パッケージ自動更新時の注意事項
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■サーバならば自動更新はOFF
上記でも書きましたが、実際にCentOSをサーバー運用している場合は、パッケージ自動更新機能はOFFにしておくのが通例かと思います。理由は自動更新に時にカーネルのバージョンアップが有った場合にシステムの再起動要求に入ったり、更新されたパッケージのバージョンが機能変更/バージョンアップなどで他のサービスに影響を与えかねないからです。サーバー運用ならば通常では全更新内容の確認を行った後に他パッケージへの影響が無いことを確認してからの手動更新になるのでしょうか。(但し、これはコマーシャル運用されているようなサーバー等の場合であって個人運用のサーバー等ではそこまで神経質になることも少ないかと思います。)

■自動更新時の先祖返り?
先祖返りという用語が正確に言って該当するのかどうかは別としますが、最新バージョンのTarball(ソースコンパイル)や最新rpmなどを適用して更新済みのパッケージがあったとすると、パッケージ自動更新によりバージョンダウンする可能性があります。原因はCentOS自体が安定性を狙ったOSであるためなのか、そもそも自動更新されるパッケージのバージョン自体が古い物が多いためです。

一例では、現在サポートバージョンが1.0のAというパッケージを個別目的で最新rpmを適用して最新バージョンの3.0にしてあるとします。その後自動更新でのバージョンで2.0の修正が入ったりします。するとパッケージAは運用上意図しなかったバージョン2.0で更新されていますから、万一下位バージョン互換のない機能アップ等が含まれていたりすると、運用上非常にまずい事態に陥る可能性が出てきます。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
メンテナンス更新期限やサポート期限
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
以下にCentOSのメンテナンス更新期限(Wikiより引用)を簡単に一覧しました。(参考にFedoraも一覧しました)やはりCentOSはサーバー用途が確か2割以上あるOSですから「信頼感」というか、使い続けていても安心感がありますね。

正直CentOSは他の先進的なLinuxOSと比べると少し見劣り感はありますが、なんだかんだ云って機能不足もあるにもかかわらず、私がCentOSを使い続ける絶対的理由は安定性と自動更新も含めたサポートの安心感にあります。私にとってのCentOSは足りない点はアドオンすれば何とかなっていますし、これからもCentOSがメインなのでしょう。

-----------------------------------------
【後追記】
RHEL5では機能拡張サポート等が行われる運用フェーズ1が約5年半、運用中心的な運用フェーズ2が約1年、セキュリティ修正や優先度の高いバグ修正のみが行われる最終運用フェーズ3が約3年半で、計約10年近くがサポート期間になっているそうです。

CentOSはRHEL5を追従していますので同期間のサポートになるようです。バージョン5系では2014年9月30日のリリースが恐らく最終リリースバージョン(5.11)になるのでしょうか。
-----------------------------------------

しかし、改めて見るとFedoraはサポート約1年って短いのですね。他のOSはどうなのでしょう?私はUbuntu程度しか調べていませんが、Ubuntuな有名どころでもFedoraと大差ないようでした。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
CentOS
http://ja.wikipedia.org/wiki/CentOS
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
バージョン   リリース日     メンテナンス更新期限
2 2.1(最終) 2004年 5月14日    2009年5月31日
3 3.1     2004年 3月19日    2010年10月31日
  3.9(最終) 2007年 7月26日
4 4.0     2005年 3月 9日    2012年2月29日
  4.9(最終) 2011年 3月 2日
5 5.0     2007年 4月12日    2017年3月31日
  5.1     2007年12月 2日
  5.2     2008年 6月24日
  5.3     2009年 3月31日
  5.4     2009年10月21日
  5.5     2010年 5月14日
  5.6     2011年 4月 8日
  5.7     2011年 9月13日
  5.8     2012年 3月 7日
  5.9     2013年 1月17日
  5.10(最新)2013年10月19日
6 6.0     2011年 7月 9日    2020年11月30日
  6.1     2011年12月 9日
  6.2     2011年12月20日
  6.3     2012年 7月 9日
  6.4     2013年 3月 9日
  6.5(最新) 2013年12月 1日
7 7.0     2014年 7月 7日    2024年6月30日

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
Fedora
http://ja.wikipedia.org/wiki/Fedora
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
バージョン  リリース日    サポート期限
1      2003年11月 6日  2004年 9月20日まで
2      2004年 5月17日  2005年 4月11日まで
3      2004年11月 8日  2006年 1月16日まで
4      2005年 6月13日  2006年 8月 7日まで
5      2006年 3月20日  2007年 7月 2日まで
6      2006年10月24日  2007年12月 7日まで
7      2007年 5月31日  2008年 6月13日まで
8      2007年11月 8日  2009年 1月 7日まで
9      2008年 5月14日  2009年 7月10日まで
10      2008年11月25日  2009年12月17日まで
11      2009年 6月 9日  2010年 6月25日まで
12      2009年11月17日  2010年12月 2日まで
13      2010年 5月25日  2011年 6月24日まで
14      2010年11月 2日  2011年12月 9日まで
15      2011年 5月24日  2012年 6月26日まで
16      2011年11月 8日  2013年 2月12日まで
17      2012年 5月29日  2013年 7月30日まで
18      2013年 1月15日  2014年 1月14日まで
19      2013年 7月 2日
20      2013年12月17日

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
当作業の実行環境
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
◆オペレーティングシステム:CentOS release 5.10 (Final) CPU:32bit メモリ:512MB

--- 以上 ---
2014.10.03 / Top↑
Secret(管理者にだけ表示を許可する)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。