FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
私は完全脱Windowsを果してから不便でした。まぁ、無ければ無いで済んでしまうものなのですが…。
今回はavidemuxです。これWindows使用時代に重宝していたツールでした。最近マルチメディア系というか音楽・動画関係の使い易そうなソフトを色々と探していました。しかし、そろそろ打ち止めでしょうか。この系統のソフトはWindows系では探せば幾らでも出てくるのでしょうけれど、Linux系で更にCentOSで使えるソフトとなるとなかなか大変です。

<注意>
画像はクリックして大きくして見て下さい。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
avidemux概要
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
Avidemuxはカット編集、フィルタ、エンコード機能を持つ、ムフフ?でフリーな動画エディタです。

使用方法は此処では書ききれませんのでWebで検索して見て下さい。(色々ありそうです)

<参考サイト>
こちらが本家のDocのようです。さすがに詳細説明が沢山ありますが英語です。
http://www.avidemux.org/admWiki/doku.php

Avidemuxの使い方
http://freesoft.tvbok.com/movie_encode/movie_editor/avidemux_1.html
ググって一番目のサイト↑でした。OSなどは違うようですが似たようなものですので参考になります。他にも色々参考になりそうなサイトは多数ありそうです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
インストールと初期設定
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
インストールの可否確認
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
リポジトリに存在するパッケージ一覧を確認。
avidemux.i386 2.4.4-3.el5.rf rpmforge

念のため以下のように再確認します。(注:ここでのリポジトリは通常であればデフォルトです。足りなければ追加する場合があります)
# yum search avidemux
Loaded plugins: fastestmirror, priorities, security
Loading mirror speeds from cached hostfile
* base: ftp.jaist.ac.jp
* extras: ftp.jaist.ac.jp
* rpmforge: mirror.hmc.edu
* updates: ftp.jaist.ac.jp
======================== Matched: avidemux =======================
avidemux.i386 : Graphical video editing tool
#

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
インストール
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
インストール途中では作業続行確認(ダウンロード以降の実際のインストールに移行する確認)の y 入力があります。(nで中止)
(注)
以降のメッセージはブログ表示の都合上、横幅を詰めています。

$ su
パスワード:
# yum install avidemux
Loaded plugins: fastestmirror, priorities, security
Loading mirror speeds from cached hostfile
* base: ftp.jaist.ac.jp
* extras: ftp.jaist.ac.jp
* rpmforge: mirror.hmc.edu
* updates: ftp.jaist.ac.jp
Setting up Install Process
Resolving Dependencies
--> Running transaction check
---> Package avidemux.i386 0:2.4.4-3.el5.rf set to be updated
--> Finished Dependency Resolution

Dependencies Resolved

================================================================================
Package Arch Version Repository Size
================================================================================
Installing:
avidemux i386 2.4.4-3.el5.rf rpmforge 6.6 M

Transaction Summary
================================================================================
Install 1 Package(s)
Upgrade 0 Package(s)

Total download size: 6.6 M
Is this ok [y/N]: y
Downloading Packages:
avidemux-2.4.4-3.el5.rf.i386.rpm | 6.6 MB 00:05
Running rpm_check_debug
Running Transaction Test
Finished Transaction Test
Transaction Test Succeeded
Running Transaction
Installing : avidemux 1/1

Installed:
avidemux.i386 0:2.4.4-3.el5.rf

Complete!
#


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
起動と終了
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
起動
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■起動は/usr/bin/avidemux2_gtkからのようです。
$ which avidemux2_gtk
/usr/bin/avidemux2_gtk

CentOSのディスクトップ・メニューから
[アプリケーション]→[サウンドとビデオ]→[Avidemux Video Editor]
avidemux01.png

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
終了
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
終了はWindow右上隅の「×」ボタン

または、以下のメニュー操作になります。

「ファイル」メニュー

「終了」


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
とりあえず使ってみます
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
flvからmp4への変換だけやってみます。

<操作>
Avidemuxのアイコンバーの[開く]ボタンで変換元のflvデータファイルを読み込みます。(ファイル選択画面が出ます)

なにやらエラーが出るのですが[キャンセル]ボタンでも押しときます。
avidemux02.png


画面左側の「映像」のコンボボックスで「MPEG-4(lavc)」を選択。

画面左側の「音声」のコンボボックスで「MP3(LAME)」を選択。

画面左側の「形式」のコンボボックスで「MP4」を選択。

Avidemuxのアイコンバーの[保存]ボタンを押します。
avidemux03.png

終わりましたら[OK]ボタン。
avidemux04.png


変換先の画像ファイルのプロパティを確認を行い(「種類:MPEG-4 video」と出ました)、再生して動作を確認して終了。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
その他
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■私のひ弱なPC環境ですと、どうも重いようなので使用が限定されるかも知れません。
■必要であれば他の設定は調整しながら設定して行って下さい。
■画面左側の「映像」「音声」「形式」の出力指定形式は組み合わせが省略できたり決まっているものがあるのかも知れません。まだ、とりあえず使ってみたレベルなので理解出来ていないので申し訳有りませんが、私の環境での結果確認でデータのプロパティを見ていたらエラーになったりしたモノがありました。この辺の使用方法や設定は追い追い確認して行きたいものだと思いました。
■既にインストールされてしまっているので私の環境では検証のしようがないのですが、後から考えてみると、「Lame」エンコーダーが使えるのは、この作業以前に「mplayerとSMPlayerのインストール」を行っており、その中でインストールされているかもしれない可能性を否定できません。(というか見返したらそうみたいです)単一インストールで万一出て来ない場合には、あしからずご了承下さい。
尚、参考までですが「mplayerとSMPlayerのインストール」記事は、2014年9月12日付けでの掲載になっています。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
当作業の実行環境
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
◆オペレーティングシステム:CentOS release 5.10 (Final) CPU:32bit メモリ:512MB
◆Avidemux 2.4.4

--- 以上 ---
2014.09.26 / Top↑
Secret(管理者にだけ表示を許可する)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。