上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
2回目のmplayerとSMPlayerのインストールでした。
CentOSはその歴史から?絶対的にマルチメディア系が非常に弱いのが難点です。しかし、後付けのパッケージインストールですが何とかなるものです。今回のインストールは前回から暫く期間が空いてしまっていたのでインストール手順がだいぶ変わっているのでは?と若干の不安がありましたが何とかなりました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
MPlayerのインストール
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
DAG のリポジトリを追加
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
The packages are all signed with this GPG keyのダウンロード
http://dag.wieers.com/rpm/
を開き
Getting started
と書いてある見出しの下の
"Installation and Configuration"のリンクをクリック

「B1. How to use this repository ?」の見出しの下の
「this GPG.key」のリンクを右クリックして「名前を付けてページを保存」で適当なフォルダにRPM-GPG-KEY.dag.txtをダウンロード。

ダウンロードした RPM-GPG-KEY.dag.txt をインポートする。
$ su
パスワード:
# rpm --import /home/k/temp/RPM-GPG-KEY.dag.txt
(ここでは RPM-GPG-KEY.dag.txt は/home/k/temp/に置いている)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
Red Hat Enterprise Linux 5 / i386:GPG keyのインストール
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
# rpm -Uhv http://apt.sw.be/redhat/el5/en/i386/rpmforge/RPMS/rpmforge-release-0.5.3-1.el5.rf.i386.rpm
(このrpmは一番新しいものを指定)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
mplayerをインストール
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
mplayer 関係と DVD を再生するためのライブラリをインストール
# yum install mplayer

これだけ入ったようです。
Downloading Packages:
(1/25): libmpcdec-1.2.6-1.el5.rf.i386.rpm | 52 kB 00:00
(2/25): a52dec-0.7.4-8.el5.rf.i386.rpm | 78 kB 00:00
(3/25): libmad-0.15.1b-4.el5.rf.i386.rpm | 82 kB 00:00
(4/25): libvdpau-0.4.1-1.el5.rf.i386.rpm | 121 kB 00:00
(5/25): lzo-2.06-1.el5.rf.i386.rpm | 135 kB 00:00
(6/25): libdca-0.0.5-1.el5.rf.i386.rpm | 136 kB 00:00
(7/25): libass-0.9.11-1.el5.rf.i386.rpm | 150 kB 00:00
(8/25): faac-1.26-1.el5.rf.i386.rpm | 151 kB 00:00
(9/25): enca-1.10-1.el5.rf.i386.rpm | 166 kB 00:00
(10/25): aalib-1.4.0-5.el5.rf.i386.rpm | 167 kB 00:00
(11/25): lirc-0.6.6-4.el5.rf.i386.rpm | 241 kB 00:00
(12/25): openal-0.0.8-2.el5.rf.i386.rpm | 319 kB 00:00
(13/25): libcaca-0.99-0.1.beta17.el5.rf.i386.rpm | 367 kB 00:00
(14/25): opencore-amr-0.1.2-1.el5.rf.i386.rpm | 376 kB 00:00
(15/25): mpg123-1.20.1-1.el5.rf.i386.rpm | 499 kB 00:00
(16/25): xvidcore-1.2.2-1.el5.rf.i386.rpm | 511 kB 00:00
(17/25): lame-3.99.5-1.el5.rf.i386.rpm | 713 kB 00:00
(18/25): svgalib-1.9.25-1.el5.rf.i386.rpm | 809 kB 00:00
(19/25): cppunit-1.12.0-3.el5.rf.i386.rpm | 811 kB 00:00
(20/25): mplayer-fonts-1.1-3.0.rf.noarch.rpm | 1.0 MB 00:00
(21/25): live555-0-0.27.2012.02.04.el5.rf.i386.rpm | 1.0 MB 00:00
(22/25): x264-0.0.0-0.4.20101111.el5.rf.i386.rpm | 1.1 MB 00:00
(23/25): mplayer-common-1.0-0.48.svn20100703.el5.rf.i386.rpm | 1.3 MB 00:00
(24/25): dirac-1.0.2-1.el5.rf.i386.rpm | 2.9 MB 00:00
(25/25): mplayer-1.0-0.48.svn20100703.el5.rf.i386.rpm | 4.5 MB 00:00
---------------------------------------------------------------------------------------------------------
Total 3.5 MB/s | 18 MB 00:05

途中で
  ↓(メッセージ省略)
Total download size: 4.8 M
Is this ok [y/N]:
と聞いてくるので y と返す。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
Binary Codec Packagesダウンロード
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
http://www.mplayerhq.hu/design7/dload.html
のサイトの
Binary Codec Packages(ページの真ん中あたり)の見出しの下の
Linux x86 20071007 の FTP を右クリックし
→名前を付けてリンク先を保存→保存ボタン

essential-20071007.tar.bz2 (9.5MB)
が保存される。

# cd /home/k/temp
(ここでは essential-20071007.tar.bz2 は/home/k/temp/に置いている)
ファイルを展開(解凍)
# tar jxvf essential-20071007.tar.bz2
essential-20071007というフォルダが展開(解凍)される

コーデックを移動
# mv essential-20071007/* /usr/lib/codecs
一応念のために元を保存しておく
# mv essential-20071007.tar.bz2 /usr/lib/codecs
(残った/home/k/temp/essential-20071007のガラは後で消します)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
MPlayerの起動テスト
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
mplayerの起動パラメタの形式は以下です。

$ mplayer (動画や音楽ファイル名)

起動してみます。こちらは起動テストのみです。(テストはROOTではない!)ここではパラメタを与えていないのでパラメタ一覧を表示するだけになります。

$ mplayer
Creating config file: /home/k/.mplayer/config
MPlayer SVN-r31628-4.1.2 (C) 2000-2010 MPlayer Team
Usage: mplayer [options] [url|path/]filename

Basic options: (complete list in the man page)
-vo select video output driver ('-vo help' for a list)
-ao select audio output driver ('-ao help' for a list)
vcd:// play (S)VCD (Super Video CD) track (raw device, no mount)
dvd:// play DVD title from device instead of plain file
-alang/-slang select DVD audio/subtitle language (by 2-char country code)
-ss seek to given (seconds or hh:mm:ss) position
-nosound do not play sound
-fs fullscreen playback (or -vm, -zoom, details in the man page)
-x -y set display resolution (for use with -vm or -zoom)
-sub specify subtitle file to use (also see -subfps, -subdelay)
-playlist specify playlist file
-vid x -aid y select video (x) and audio (y) stream to play
-fps x -srate y change video (x fps) and audio (y Hz) rate
-pp enable postprocessing filter (details in the man page)
-framedrop enable frame dropping (for slow machines)

Basic keys: (complete list in the man page, also check input.conf)
<- or -> seek backward/forward 10 seconds
down or up seek backward/forward 1 minute
pgdown or pgup seek backward/forward 10 minutes
< or > step backward/forward in playlist
p or SPACE pause movie (press any key to continue)
q or ESC stop playing and quit program
+ or - adjust audio delay by +/- 0.1 second
o cycle OSD mode: none / seekbar / seekbar + timer
* or / increase or decrease PCM volume
x or z adjust subtitle delay by +/- 0.1 second
r or t adjust subtitle position up/down, also see -vf expand

* * * SEE THE MAN PAGE FOR DETAILS, FURTHER (ADVANCED) OPTIONS AND KEYS * * *
$


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
SMPlayerのインストール
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
SMPlayerのインストール
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(インストールはROOTで行う)

$ su
パスワード:
# yum install smplayer
↓(メッセージ省略)
途中[y/N]を聞かれるので yを入力。
Total download size: 3.1 M
Is this ok [y/N]: y

メッセージの最後はこの様になります。

Running rpm_check_debug
Running Transaction Test
Finished Transaction Test
Transaction Test Succeeded
Running Transaction
Installing : qt4 1/2
Installing : smplayer 2/2

Installed:
smplayer.i386 0:0.6.9-1.el5.rf

Dependency Installed:
qt4.i386 0:4.2.1-1.el5_7.1

Complete!
#

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
SMPlayerの動作テスト
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(テストはROOTではない!)

$ which smplayer
/usr/bin/smplayer
$ smplayer

これで起動まで出来ました。
smplayer01.png

また私の場合、環境等の設定は以下のフォルダに出来ていました。
/home/k/.mplayer/ フォルダ以下
/home/k/.config/smplayer/ フォルダ以下

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
使ってみる
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
システムメニューからも起動できます。う〜ん、私の環境ではメニューにアイコンが付きませんが…、きちんと動作はしています。

(注)
インストール直後にはメニューにアイコンが付かない場合もあるようですが、そのまま少しの間使用し続けていればアイコンは自動的に付きます。

<GNOME端末メニューからの起動手順>
[アプリケーション]→[サウンドとビデオ]→[SMPlayer]

とりあえず、手持ちの動画データで動作確認してみました。
smplayer02.png

どうやらOKのようです。(^^)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
最後に
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
前回のインストールからだいぶ間が空いてしましましたが、今回も必要に迫られて再びsmplayerをインストールしました。

インストールに際しては前回と何か違いがあるのか確かめましたが、私と全く同じ方法は見つけられませんでした。なので、若干の不安を残しながらもインストールを開始しましたが、一部ダウンロードするファイル名がバージョンアップして変わっていた以外は何の問題もなくインストール出来てホッとしています。

やはり私のCentOSにとっては慣れもありますがsmplayerがベストマッチングのようです。smplayerはやはり使い易くていいですね。たぶんこれからも使い続けるのでしょう。(^^;)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
当作業の実行環境
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
◆オペレーティングシステム:CentOS release 5.9 (Final) CPU:32bit メモリ:512MB
◆SMPlayer
バージョン: 0.6.9 (SVN r3447)
Qt 4.2.1 を使用しています (Qt 4.2.1 でコンパイルされています)
MPlayer SVN r31628 を使用しています

--- 以上 ---
2014.09.12 / Top↑
Secret(管理者にだけ表示を許可する)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。